このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年中途入社

河野(かわの)

製造部
工業高校卒業後、2社を経験。その後、20歳の時にハローワーク経由で坂元鋼材を知り、入社。
趣味は波乗り。休日は高知の方まで出かけることも。
製造部/河野(かわの)
転職に心配はありませんでしたか?

転職に心配はありませんでしたか?

<仕事への不安は入社前に払拭できていました>
坂元鋼材を知ったきっかけはハローワークです。当時のHPにも社員紹介が載っていて、そこで働き方や活躍している社員さんの様子を知れました。残業が少ないことや、休みの日には家族とバーベキューをするなど仕事もプライベートも全力で楽しむ社風などを感じることができ、あまり不安を感じることなくスタートできました。

働いてみて、当社の魅力は何ですか?

<裁量が大きいからこそ、自分の成長を実感できます>
現在は、レーザー加工機の操作、および製品の整理、お客様への出荷を担当。お客さんにお約束した納期までに製品を作り上げるため、どんなスケジュールでどう作業を進めるか、自分の裁量で段取りをつけます。自分で自分をマネジメントしていけ、メリハリをつけて仕事ができるのが魅力ですね。機械の操作方法や手順など、決まっていることはありますが、時間の使い方は任せてもらっているので、入社してから時間の使い方が上手くなった気がしています。

やりがいは何ですか?

<裁量が大きいからこそ、自分の成長を実感できます>
レーザーは3部門のなかで一番薄い鋼板を扱え、スピーディに納品できるので需要が大きいんです。ただ、レーザー加工機はコンピューターの塊みたいなもので、突然故障することも。しかも、1台1億円ほどする高価なものなんです。うちには現在レーザー加工機は1台しかないので、故障したり、調子が悪くなったりしたときこそ、自分たちでどこまで対処できるかで実力が問われますね。
自分の目標としては、先輩を目標にしてもっと成長してくだけでなく、これから入ってくる後輩に負けることなく「頼られる先輩」になりたいと思います。それから、現在レーザーのほかにガス部門についても少し学んでいるところなので、そちらもあわせて覚えていきたいですね。

故障の際は、メーカーに修理に来てもらったり、東京や横浜から部品を送ってもらったりします。でも、1台しかないからこそ、1日でも止まると会社としては大きな痛手に。だから、メーカーの人に頼らずとも自力で直せる場合は直すという社風があります。
操作の方法など表面的な部分だけを覚えるのではなく、機械のつくりやどういう部品で動いているのかなど、機械の裏の裏までしっかり勉強して、いざというときに対処できるように学べます。先輩社員には、完全に止まったというとき以外はほとんど自分で直せるベテラン技術者も。

僕も自分でできる範囲内なら、自分で修理できるくらいの知識を身につけたいと思っています。そして周りの先輩方を目標に……いや、先輩を越えていきたいですね。

どんな職場ですか?

<先輩・後輩がいい刺激を与え合える職場です>
うちの会社の雰囲気は、何といっても「明るく楽しい」職場です。メリハリがついていて、仕事はキッチリと、オフは楽しくという感じですね。だから、中途で入ってこられた人もすぐに馴染んでいただけると思います。

<応募者へのメッセージ>

経験とかはあまり気にしない会社です(笑)仕事を頑張るぞ!という気持ちがあれば、大丈夫です。仕事を通じて成長したい人は大歓迎。ともに切磋琢磨できる仲間が多いのが当社の魅力なので、みんなで競いあって技術力を高めていけますよ。ぜひ、うちで手に職をつけながら、自分磨き・スキル磨きをしていきませんか?
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE